くらし情報『「1分でいいから考えて欲しい」シリア人俳優が訴える難民の現状とは?』

2017年11月30日 17:00

「1分でいいから考えて欲しい」シリア人俳優が訴える難民の現状とは?

忙しい毎日を送っていると、何かとイライラしがちですが、そんなときこそ小さな優しさに救われるもの。そこで、人々の善意が詰まった心がじんわりと温かくなるイチオシの映画をご紹介します。それは……。

優しさとユーモアが溢れている感動作『希望のかなた』!

目次

・優しさとユーモアが溢れている感動作『希望のかなた』!
・シリア人俳優のシェルワン・ハジ!
・では、実際に決まったときの心境はどうでしたか?
・それだけのプレッシャーのなかで演じていて、困難に感じることはありませんでしたか?
・同じくシリアからフィンランドに渡った今回の役にシンパシーを感じたところはありましたか?
・実際に他人の優しさに救われた経験はありますか?
・この役を演じたことで影響を受けたことは?
・俳優として変化したことは?
・日本人との撮影で印象に残っていることがあれば教えてください。
・今回の来日で新たに経験したことはありますか?
・映画でもお寿司が出てきますが、本物のお寿司を日本で食べたときの感想は?
・最後にこの作品をどのように受け取って欲しいか、読者に向けてメッセージをお願いします!
・インタビューを終えてみて……。
・人の優しさにこそ魂が救われる!
・じわじわと心にしみる予告編はこちら!
・作品情報
「1分でいいから考えて欲しい」シリア人俳優が訴える難民の現状とは?


【映画、ときどき私】 vol. 129

シリア人青年のカーリドは、内戦が激化する故郷から逃れ、偶然フィンランドの首都であるヘルシンキにたどりつく。いまや空爆ですべてを失ったカーリドにとって、唯一の望みは生き別れた妹を見つけ出すことだけだった。

難民問題に悩まされていたヨーロッパの影響もあり、街ではカーリドも差別や暴力の標的にされていた。しかし、そんなときレストランオーナーであるヴィクストロムが救いの手を差し伸べることに。なぜなら彼もまた人生に行きづまり、やり直そうとしていたのだった。徐々に絆を深めていく2人の未来には希望の光が見えていたと思っていたが……。
「1分でいいから考えて欲しい」シリア人俳優が訴える難民の現状とは?


本作は、フィンランドを代表する名匠アキ・カウリスマキ監督による作品であり、ベルリン国際映画祭での銀熊賞(監督賞)の受賞をはじめ、世界各国で称賛されている作品。そこで、主演を務めたこちらの方にお話を聞いてきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.