くらし情報『20歳になった北村匠海「僕はきっと、女性の尻に敷かれるタイプ」』

2018年1月17日 20:00

20歳になった北村匠海「僕はきっと、女性の尻に敷かれるタイプ」

北村匠海の主演映画『君の膵臓をたべたい』が大ヒット。今期のドラマ『隣の家族は青く見える』でも難易度の高い同性愛者役に初挑戦するなど、若手トップ俳優に大躍進中の今、思うこととは?

20歳になった北村匠海「僕はきっと、女性の尻に敷かれるタイプ」

実際の僕は、控えめ中の控えめです(笑)。
俳優としてだけでなく、ダンスロックバンドDISH//のボーカル兼ギターとしての顔も持つ北村匠海さん。演技も音楽もできて、超イケメン。とくれば、まさに向かうところ敵なしのモテ男。でもその素顔は意外にも、「人見知りで、女の子と話すのも苦手」…。そんなギャップが、同世代の女子はもちろん、アンアン世代の心までキュンキュンさせまくり、今、理想の年下男子として人気沸騰中なのです!

――北村さん、ついに20歳になったんですね。

北村:
そうなんです。10代の頃と何も変わらないですけどね。

――記念すべき20歳の誕生日は何をして過ごされたんですか?

北村:
佐野岳くんと佐藤寛太くんとごはんを食べました。普段から仲いいんですよ。20歳の誕生日に寛太くんから、「まさかとは思うけど、今日予定ないわけないよね?」って連絡がきたので、「とくにないんだよね」って(笑)。そしたら「え、マジかよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.