くらし情報『ネガティブな人とは離れるべき! 人間関係の“卒業”とは?』

2018年1月28日 16:00

ネガティブな人とは離れるべき! 人間関係の“卒業”とは?

アンアン読者世代が今、捨てたらいいものとは。実際に捨てて幸せになったという、イラストレーターの松尾たいこさんが提案する、“30歳前後の女性に捨ててほしいもの”。それにプラスして心理カウンセラーの小高千枝さんからアドバイスをもらいました。

ネガティブな人とは離れるべき! 人間関係の“卒業”とは?

コンプレックスを捨てる。
「私は30代後半から、外見的・内面的なコンプレックスを一つ一つ潰しています。メイク・歯の矯正・脱毛・ファスティング施設での体質改善など。そうして自分を少しずつ変えることができました」(松尾さん)

「コンプレックスは克服により成長できるので、無意味ではありません。ただ乗り越えるために頑張りすぎると、ダイエット同様リバウンドが起き、余計傷が深くなることも。等身大の方法で克服しましょう」(小高さん)
「でも」「だって」を捨てる。
「人は年を重ねるごとに“自分”が確立されますが、それは柔軟性が失われるのと表裏一体。会話のときに、まず否定から入ってしまう人は、変化や自分磨きできる貴重なチャンスを逃してしまいます」(松尾さん)

「実はこの言葉、痛いところを突かれ自尊心が傷ついたときに、口に出るもの。まずは自分の弱さを受容してあげましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.