くらし情報『“肉は太る”は誤解? 赤身肉をダイエットに生かす方法』

2018年2月3日 22:00

“肉は太る”は誤解? 赤身肉をダイエットに生かす方法

太ると思われがちだった肉には、実は絶大なダイエット効果が!

“肉は太る”は誤解? 赤身肉をダイエットに生かす方法


太っちゃったから、お肉はやめとこうかな…。などと、ダイエットというとなぜか避けられる運命にある肉。けれど、「“肉を食べると太る”というのは大きな誤解。もっと言えば、肉を食べないほうが痩せにくいんです」と、ダイエットカウンセラーの伊達友美さん。その理由は、肉の持つ「代謝アップ力」にあり。

「肉には体を温め、脂肪の代謝を助ける成分がたくさん含まれています。とくに赤身の肉に豊富。これを利用しない手はありません」

恐れずに食べて、と伊達さん。

「それに、肉はタンパク質のかたまり。体温を生む筋肉のもととなるだけでなく、髪や肌などを含めたすべての細胞の材料です。タンパク質不足でカサカサになる前に、しっかり肉を食べて健康的に痩せましょう」

ここでは、赤身肉の4つの効用をご紹介します!
脂肪燃焼を促す。
肉が持つ最大のダイエット効果は、脂肪の代謝の促進。その秘密は、肉の赤い部分に含まれるL‐カルニチンという成分にある。

「脂肪をエネルギーに変えるのに欠かせない物質で、本来人間の体内に存在するものですが、年齢とともに減っていく。L‐カルニチンを補給するなら、赤身肉を重点的に食べるのが早道です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.