くらし情報『浅井健一が語るアルバム『Sugar』 裏テーマは“麻薬”!?』

浅井健一が語るアルバム『Sugar』 裏テーマは“麻薬”!?

2018年2月17日 20:00
 

‘90年に伝説のバンドBLANKEY JET CITYを率いて音楽シーンに登場。その後も個性的な複数のバンドとソロ活動で、独自のロックンロールを奏でてきたアーティスト・浅井健一さん。

浅井健一が語るアルバム『Sugar』 裏テーマは“麻薬”!?

聴く人が光を感じ、少しでも元気になれる歌を作りたい。
浅井健一さんの最新作は、一昨年から活動している浅井健一THE INTERCHANGE KILLSのセカンドアルバム『Sugar』。

「激しくてスピード感のあるサウンドも、スローメロウなのも両方好きだけど、ダークな世界観はSHERBETS(浅井さんがフロントマンを務める別バンド)が凄いので、ソロではそれとは違った世界をやろうと思っていた。メンバーを探し始めたとき、いまのドラマーの瞳ちゃんとベースの憲太郎のグルーヴがキーになったんだわ」

日本とコロンビアにルーツを持ち、海外でバンド活動をしていた小林瞳さんと、元NUMBER GIRLのベース・中尾憲太郎さんの2人を擁してスタートした浅井健一THE INTERCHANGE KILLS。このメンバーなら浅井さんが思い描いていた「攻撃的な音楽ができる」と直感したそうだ。

「彼女の叩く8ビートはなんか違って感じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.