くらし情報『東京で生き抜く女性目線の曲も “7年目”家入レオの新作とは』

2018年2月26日 22:00

東京で生き抜く女性目線の曲も “7年目”家入レオの新作とは

17歳のとき『サブリナ』で鮮烈にデビュー。23歳にしてキャリア7年目に入った家入レオさんが、1年7か月ぶりにオリジナルアルバム『TIME』をリリース。20代の彼女の心情や成長が素直に溢れ出ている、瑞々しいアルバムになった。

東京で生き抜く女性目線の曲も “7年目”家入レオの新作とは


「この1年7か月、アーティストとしても女性としても、いろんなことがありました。誰かのことをすごく好きになったり、憎んだり、幸せを願ったり。その瞬間を全部曲にしたくて作り上げたアルバムです」

以前は、10代の悩みや傷、思春期の鬱屈などをリスナーと共有しながら、名曲を生み出してきた彼女。しかしこの新作には、ラブソングもあれば、東京で生き抜く女性目線の曲も。今までとはまた別の心の部分に、《力》をくれる作品だ。

「10代のころは大人に囲まれていたけど、最近は同世代の友人も増えたし、遅れて青春が来た感じ(笑)。恋の歌もありますけど、私、適切なルートで人を好きになれなくて…。恋にありがちな《爽やかさ》とか、要らないんです、私。その人のきれいな部分に惹かれるのではなく、闘志を燃やしていたり、傷ついていたりという根源的で人間らしい表情に、魅力を感じるんです」

例えば、普通の人が夕焼けを見て「美しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.