くらし情報『把瑠都、初の連続ドラマでゲイ役 「監督もドキドキしてたんじゃ」』

2018年2月28日 20:00

把瑠都、初の連続ドラマでゲイ役 「監督もドキドキしてたんじゃ」

絶縁状態のまま亡くなった弟の結婚相手が、ある日、突然会いにやって来た。その相手とは、外国人で、しかも男だった―。LGBTを扱ったことでも話題となった田亀源五郎さん作の人気漫画『弟の夫』が、NHKでドラマ化される。

把瑠都、初の連続ドラマでゲイ役 「監督もドキドキしてたんじゃ」

亡き弟の結婚相手は男で外国人!風変わりで心温まる家族の姿を描く。
佐藤隆太さん演じる折口弥一の“弟の夫”マイクを演じるのは、元・大関でタレントの把瑠都さん。初の連続ドラマで演じるのが、ゲイだと聞いたときは、驚いたそう。

「英語版の原作を読んで、作者の田亀先生にお会いすることになったんです。役者経験が少ないしゲイ役に不安があったけど、先生は『把瑠都さんの人柄がマイクそのものなので、ありのままを出してください』って。それでかなり気が楽になりました」

実際、マイクと把瑠都さんは、性格的に似ているところが多い。

「ゆったりしてて、マイペース。お酒も好きです(笑)」

明るい性格の把瑠都さんは最初から出演者やスタッフに自分から声をかけ、あっという間に人気者に。リハーサルが済むとすぐに「本番、本番!」とせかすフリをして周囲を笑わせるなど、ムードメーカーだった。

「最初は自分がどこまでできるのか、ワクワク、ドキドキ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.