くらし情報『ウケないときはアレを…放送作家が教える「面白トーク」の秘訣』

ウケないときはアレを…放送作家が教える「面白トーク」の秘訣

2018年3月6日 07:00
 

「面白トーク」が身につく、お悩み別・ステップアップ術を公開!

ウケないときはアレを…放送作家が教える「面白トーク」の秘訣


話題がつまらない、だらだら話してしまう、臨場感がない…。そんなダメトークのような状況に陥ってしまう原因はいろいろ。ここではその症状と対策を、放送作家の田中イデアさんが具体的に解説してくれました。
そもそも緊張してしまって、うまく話せない。
ウケなかったらどうしよう、自分のせいで座が白けたら。心配ばかりが頭に渦巻いて話せない、あるいは話しだしても自信がなく尻つぼみになってしまう…。

「これは自分の気持ちに問題があるパターンです。いきなりネタを練ったりするのではなく、まずはコミュニケーションの基本から見直しを」(田中さん)

【対策】メンタルを作る。

◎対策01:中途半端な自意識を捨てよう!

場を盛り上げないと、と変に気負ったり、あるいは空気を壊してはいけないと自制しすぎたり。「裏を返せばこれは、自分を中心に考えているから起きること。中途半端な自意識が、話すことを妨げているのです」。そこから脱出するには?「自分はこの場では主人公ではない、と割り切るのが早道。プロの芸人じゃないのだから、人はそれほど自分に期待していないし、話したことも明日にはすべて忘れられていると思えば、気持ちも楽になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.