くらし情報『あの言葉は下ネタ? それとも…落語家・春風亭一之輔のコラム裏話』

あの言葉は下ネタ? それとも…落語家・春風亭一之輔のコラム裏話

2018年3月8日 22:00
 

34歳のとき、兄弟子21人を抜いて真打に昇進。さらには、200を超える落語の持ちネタがあるだの、年間に上がった高座が940を超えただの、春風亭一之輔さんは、とかく記録に事欠かない落語家だ。落語のバラエティ番組や雑誌の落語特集には、必ずと言っていいほど引っ張り出される人気者。先ごろ、週刊誌で連載中のコラムが『いちのすけのまくら』と題され、書籍としてまとまった。

喫茶店、よく行きます。ガラホで原稿書くためにね。
あの言葉は下ネタ? それとも…落語家・春風亭一之輔のコラム裏話


――連載開始が4年前で、いまも続いていますが、ずっとガラケーで書いていたそうですね。

一之輔 :
いまは、ガラケーじゃなくガラホです(どや顔)。

――ガラホ?

一之輔:
ガラケーは、使いすぎて壊れちゃったんですよ。操作ボタンが次々と取れちゃった。使えるものを捨てるのがイヤで、取れた箇所に油性ペンで数字を描いたりしてずいぶん使ってたんですけど、買い替えたほうがいいんじゃない、とカミさんに説得されてしぶしぶですよ。歯を食いしばって店に行ったら、もうガラケーはうちでは扱ってないと。店先に並んでいるのを指さして「あるじゃねえか」と言ったら、…いえ、実際には「えー、あれってガラケーじゃないんですか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.