くらし情報『ロロの“いつ高”シリーズ最新作 上演時間が60分のワケは…』

2018年3月25日 07:00

ロロの“いつ高”シリーズ最新作 上演時間が60分のワケは…

ロロの“いつ高”シリーズ最新作 上演時間が60分のワケは…


“学生演劇”と聞いて、道徳めいた退屈なものだと思う人は少なくないんじゃないだろうか。そんなイメージを持つ人にこそ観てほしいのが、近年、気鋭の劇団として注目を集める「ロロ」の三浦直之さんが手掛ける『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校(通称:いつ高)』シリーズ。上演時間60分。その前の10分間でセットを仕込む高校演劇のコンクールのルールに沿って上演されている公演だ。

「何年か前から審査員として高校演劇を見るようになって、60分で上演できる既成の戯曲が少ないことを知ったんです。なかにはネットから拾ってきたような戯曲を使う学校もあるくらい。もっと彼らの選択肢を広げられないかと思ったんです」

そこには三浦さん自身が「10代の頃に触れてきた映画や小説、アニメなどのさまざまなカルチャーに救われてきた」という自覚があるから。

「もともと僕は映画が撮りたかったんです。でも例えば宇宙を舞台にしようとすると映画では尋常でないお金がかかりますよね。でも演劇だったらちょっとした言葉や空間のアイデアだけで、映画と同じスケール感を見せることもできる。空っぽの空間に窓枠を置くだけで内と外が区切られて、その脇に立つ人の目線ひとつで、窓の向こうの景色が見えてくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.