くらし情報『キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!』

キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!

2018年3月30日 18:00
 

いま最も旬な街、日比谷に新しくオープンした『HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷コテージ)』の内覧会に行ってきました。こちらのコンセプトは、ずばり “女性のための本屋さん”。女子に響くポイントがたくさん散りばめられている噂のショップをリサーチしてきました!

日比谷シャンテ3階にオープン!

関連リンク

・『A.P.C.』が東京ミッドタウン日比谷に新店舗をオープン!!
・【食べてキレイになれる!】オーガニックな美スポット3選
・日差しと風が心地いい、テラスでくつろぐカフェ&レストラン6選
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


『HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE』がオープンしたのは、日比谷シャンテ3階の奥。エスカレーターを上がっていくと、目の前におしゃれな店名ロゴやかわいい飾りが見えてきます。導入部分から、普通の本屋さんとは明らかに雰囲気が違いますね。なんだか気分がワクワクしてきます。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


書店の棚づくりも女性目線。雑誌コーナーには『Hanako』が積まれていますが、最新号が並んでいるだけではありません。雑誌の置き方にもこだわりを感じます。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


一般書籍の陳列方法もユニーク。私は学生時代、書店でアルバイトをしていたのですが、そのときに覚えた棚づくりとはまるで違います。棚にはできるだけたくさんの本を入れるのが一般的なので、普通の棚では背表紙しか見えません。でも、こちらの本屋さんでは表紙が見えるように並べられたり、インテリアグッズと一緒に陳列されたりと、空間が贅沢に使われています。ところどころにグリーンの観葉植物が置いてあるのもうれしいですね!
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


そして極めつけは、書店の一角にある超かわいいギャラリー。人気イラストレーターの利光春華さんが手がけられました。このステキな空間については、利光さんに直接お話をうかがったので、後ほど詳しくご紹介します。

女性が主役の本屋さん

『HIBIYA COTTAGE』では、お客さんだけでなくスタッフも女性が主役。店長さんをはじめ、店内装飾やロゴのデザインを担当されたのもすべて第一線で活躍されている女性クリエイターの方々です。

内覧会の説明会では、店長の花田菜々子さんが登壇。この書店について語りました。

花田さん
お店のコンセプトとして女性向けということがあるので、いろいろな女性に来ていただきたいです。マーケティングで「女性だったらこんなものが好き」と決められると嫌だなと思うこともあるので、K-POPが好きな人も社会問題が好きな人も、どんな人が来ても「オーッ」と思えるものがあって、それがさらにクロスオーバーして「仕事の本を買いに来たら好きなミュージシャンを見つけた」みたいな出会いを提供できればいいなと思っています。

また、こちらのショップでは、映画館や劇場が多い日比谷の特性を生かし、映画や舞台関連の書籍、DVD、CDも充実。女性だけでなく、男性のみなさんも楽しめるような品ぞろえになっているそうです。

人気装丁家、名久井直子さんインタビュー

キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


今回の内覧会では、店舗づくりに携わった女性クリエイターのお二人にお話をうかがうことができました。まずは、文芸書やコミックスなどさまざまな書籍の装丁を手がける人気ブックデザイナーの名久井直子さん。名久井さんは今回『HIBIYA COTTAGE』の顔となるロゴをはじめ、ブックカバーやトートバッグのデザインも手掛けられています。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


――ロゴがとてもかわいいですが、どんなイメージでデザインされましたか?

名久井さん
このロゴは、本でできている家なのですが、本を読んでいる場所そのものが空間というか、例えば喫茶店で読んでいても自分の空間があるような、そういういろいろな意味で家の形になっています。休む場所・空間ができるようなイメージで考えました。

――ロゴデザインの場合、本の装丁を考えるときとは違うアプローチをされるのですか?

名久井さん
本の装丁をするときとは気分が全然違いました。本はひとつひとつ中身があるので、それをどう出すかという感じなんですが、ロゴはこの後いろいろな形になっていくので。エプロンにデザインされたり、ブックカバーやトートバッグになったりして形を変えていくので、そのあたりを意識しました。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


――ブックカバーのデザインもステキです。二種類もあるのですね。

名久井さん
いつも私はブックカバーをつけていないんですけど……。本そのもののカバーを出しておきたいので。「みんな見て」という感じで(笑)。もちろん自分が装丁を担当した本はゲラで読んでいるので本の状態では読まないのですけど、人がデザインした本でも「私はこれを読んでいます」ってアピールしたいんです(笑)。

――植物模様のブックカバーはどんなふうに考案されたのですか?

名久井さん
実は、あれは切り絵なんですよ。小さいころから切り絵は割とできるので、切り絵したものを印刷しました。切り絵は自分にとって身近なのです。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


――オリジナルグッズのトートバッグもおしゃれです。

名久井さん
サブバッグにおすすめですよ。私はメインバッグにしていますけど。マチもあるので、本がたくさん入ります。しかも800円なのでお値打ちです(笑)。

――最後に、名久井さんはこの本屋さんを訪れたらどんなふうに楽しみたいですか?

名久井さん
ここは音楽と本がボーダレスに陳列されているので、例えば宝塚を見終わって本屋に立ち寄った人が社会的な本を目にしたりして「うっかりした出会い」といいますか「ひょんな出会い」をしていただける場所だと思います。普通の本屋さんと違って、背だけでなく面(表紙)が見えている本がとても多いので、ジャケ買いのように「これかわいい」という感じで普段見つけられなかった本を見つけることができるかな、という気がします。

続いて、利光春華さんにインタビュー!

キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


続いてお話をうかがったのは、大人気のイラストレーター、利光春華さん。広告や雑誌挿絵など幅広い分野で活動されている利光さんは、2017年12月にビジュアルストーリーブック『Ribbon』(上ノ空)を刊行。今回の『HIBIYA COTTAGE』では『Ribbon』の世界をギャラリー空間などで展開されています。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


――まずは、はじめて『Ribbon』に触れる方のために、簡単にご本の紹介をお願いします。

利光さん
この本は、鳥が春夏秋冬という季節を旅することで「世界はいつだってこんなに美しい」ということを教えてくれる希望のストーリーです。『HIBIYA COTTAGE』のオープンがちょうど春なので、春の場面をこのギャラリーで再現しているという感じで、店内ではお花を中心に鳥や蝶など春らしいものを飾っています。――『Ribbon』の世界を書店の空間で表現されてみて、いかがでしたか?

利光さん
『Ribbon』出版後に開催した個展でも空間装飾をしましたが、本屋さんの店内を装飾したのははじめてです。書店だといろいろなものがあるなかで空間を作っていくので、バランスをとるのが少し大変でした。でも、私は本がすごく好きなので……例えばギャラリーのすぐ手前にある、ピンクが使われている表紙のみを集めた本棚とマッチするように色の使い方などを意識したりするのはとても新鮮でした。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


――鏡のところでは写真撮影もできるのですね。

利光さん
この鏡は最初から意識していて、ここで女の子たちに写真を撮ってほしいなって思って作りました。インスタとかにも上げてほしいな、と。このコーナーでは、座っておしゃべりしてもらったり、ここで休んでからまた違う本を見てもらったり……休憩の場所みたいに使ってもらえたらうれしいなと思います。

――女性が楽しめるギャラリーですね。

利光さん
ただ絵を飾るだけのギャラリーにはしたくなくて。「インタラクティブ・コンテンツ」やパッケージ化したものも置いたりして、女性が「キャーかわいい!」と言いたくなるような空間にしたいと思い、女性目線で作りました。もちろん男性にもこの”カワイイ”を共感してもらえると嬉しいと思っています。
キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


――いろいろなお菓子も置いてありますね。

利光さん
このお菓子は、人気洋菓子店『ピネード』とコラボしたものです。お菓子は自分へのプレゼントにもいいですよね。鳥パッケージのお菓子は「今日は自分のために一羽買って帰ろうかな~」という感じで、使ってもらえたらうれしいです。誰かに贈り物を考えている方にも、おすすめです。食べ終わったらお部屋の飾りにも使えるといいなと思いながら、絵だけでなく形からパッケージを考えました。

――このギャラリーにいると、とっても幸せな気分になれます。

利光さん
人のために絵を描くときは、常にみんなに幸せになってほしいと考えています。実は、ふだん自分で描く絵は全然違ったりするんですよ。毒のある世界とかもすごい好きで(笑)。でもやはり自分の絵を誰かにプレゼントすることを考えたら、『Ribbon』のような絵になるのかなと思います。――最後に、利光さんご自身はこの本屋さんを訪れたらどんなふうに楽しみたいですか?

利光さん
コンセプトに沿って作られている本屋さんなので、今まで知らなかった本がたくさんあるんですよ。自分で選書するときは作家ごとに見ていったりするのですけど、ここはランダムに置かれていて、表紙も楽しめるし、知らなかった作家さんに気づいたり……たくさん買いたいなと思いました。「新しい発見の場所」みたいな本屋さんだと思います。

新名所、日比谷ゴジラスクエアもチェック!

キャッかわいーっ! 超話題 “女性のための本屋さん” に行ってきた!


本屋さんで楽しんだあとは、日比谷シャンテ入り口前広場にある「日比谷ゴジラスクエア」にも立ち寄ってみませんか?こちらも新・ゴジラ像が設置されたばかりの注目スポット。建物内には、ローソンチケット初の独立店舗『ローチケ HIBIYA TICKET BOX』もあるので、舞台のチケットなどを買うことができて便利ですよ。

なお『HIBIYA COTTAGE』では、店舗オープンにあわせたイベントなどもたくさん開催されています。この春はトレンドの街、日比谷にぜひ足を運んでみてくださいね。

Information

公式サイト:

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.