くらし情報『又吉直樹と観月ありさが本人役! 『火花』舞台化の苦労明かす』

又吉直樹と観月ありさが本人役! 『火花』舞台化の苦労明かす

2018年3月31日 16:00
 

又吉直樹と観月ありさが本人役! 『火花』舞台化の苦労明かす

又吉直樹が『火花』を書いた理由を、観月ありさが問う!

――小説『火花』をなぞるだけではない構成ですね。

観月:
そうなんです。私は、小説の世界と舞台独自の世界の両方を行き来する、ストーリーテラー的な役回り。ふたつの世界が複雑ではあるんですが、上手く絡み合っているので、脚本は読みやすかったです。

又吉:
作中で僕は、観月さんからどうしてこの作品を書いたのかを問われます。正直、小説のテーマって聞かれても答えるのが難しいんです。「ないです」と言ってしまうこともあるくらい、「なんでやろ」という部分は客観的に直視しにくい。この舞台に出ることでそれに迫れるなら、自分が原作の作品に出るのは照れくさいですけど、面白そやなと。

――おふたりとも本人役ですね。

観月:
役名は自分だけど、演じる以上、自分ではない。難しいですね。手探り状態です。

又吉:
素を出すのとも違うし。

観月:
どうしたら観た人は、私っぽいと思ってくれるんだろう?

又吉:
役を演じている時とも、素でバラエティとかに出ている時とも違いますしね。どこを切り取れば、本人としての説得力が出るのか。ベロベロに酔っぱらって演じるとか?

観月:
確かに、毎日のように飲んでるしね(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.