くらし情報『今すぐ紫外線対策…! UV効果も期待できる帽子デザイン | デキるOLマナー&コーデ術 ♯81』

今すぐ紫外線対策…! UV効果も期待できる帽子デザイン | デキるOLマナー&コーデ術 ♯81

2018年4月6日 18:00
 

鉄板はやっぱり【ツバ広ハット】

関連リンク

・スカート丈は少し長めがマスト!絶妙丈のスカートを大人っぽく着こなすのがトレンドの鍵♪
・スニーカーを脱ごう!春はパンプスコーデで女度アップ
・ヘルムート ラングのアーカイブ展が3都市で、パリデビューからラストコレクションまで500点を展示販売


【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 81

UV加工のあるハットの中でも一番多いデザインがこのツバ広ハットではないでしょうか。当然といえば当然ですが、ツバが広いほど目、鼻、頬まわりに影ができるため、直接の紫外線を受けにくくなります。UV効果がより高いのはツバが水平のものより、やや下向きに下がったタイプです。

長時間の外出の際は、布製のツバ広ハットを、短時間の移動は、オシャレさを優先させたストローハットを使うなどお出かけの用途に合わせてハットの素材を使いわけても良いですね。

今年のトレンド【キャスケット】



先にご紹介したツバ広よりもツバがないぶん、完全なUV効果が期待できるワケではありませんがオシャレなデザインとUVケアを両立させるならキャスケットがオススメです。

とくにキャスケットは今年のトレンドアイテムとなっているので、丸みのあるトップでボリューミィなシルエットを選んでください。紫外線をより吸収してくれるブラックをオススメしていますが、そのぶん、帽子の内部に熱がこもってしまうので、暑い日はストロー素材のキャスケットで通気性を重視しましょう。

実は優秀な【バケットハット】



アクティブシーンでよく見かけるバケットハット。こちらも、昨年あたりから沸々とトレンド化しているため、カラーもデザインも豊富に展開され始めてきました。ツバ広ハットほど、ツバが大きいわけではありませんが、UV効果は期待できそうです。しかも、後ろにもツバがついているので首のつけ根の日焼け対策にもうってつけ!

バケットハットは基本的にコットン製で作られているのでコンパクトに折り畳んでバッグにしまえるという利便性もあります。小旅行や遠出に出かける時は、バケットハットをぜひ持っていって。

UV加工のハットじゃなくても大丈夫?

完全に紫外線をカットしたい! ということであれば、UV加工が施されているハットのほうがオススメです。しかしUV加工のあるハットは、デザインの種類も限定されてしまって、なかなかオシャレを楽しめません。なので個人的には通常のハットでUV効果が期待できるデザインを選び、帽子でカバーできない点は、こまめに日焼け止めでカバーするという方法をオススメしています。用途に合わせて上手に使いわけつつ、オシャレも楽しんでいきましょう♡

私たち女性の永遠の天敵、紫外線。季節問わずにUVケアは欠かせませんが、特に日差しが強くなるこれからの季節はいつものケアにプラスαの対策をとりたいものです。そこで、今回は紫外線対策にもなるオシャレでかわいいUVカットできるハットデザインをご紹介します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.