くらし情報『もはや“アレ”は常識! 「インスタ」で気をつけたい6つのこと』

2018年4月14日 22:00

もはや“アレ”は常識! 「インスタ」で気をつけたい6つのこと

ただし、加工がトラブルを招くことも。実際、「自分だけ加工して私はそのままアップ」された読者が。ここまでくると人格が疑われる。
マナー2:宣伝っぽい投稿は、すぐバレて好感度は下落…。
読者アンケートでもっとも嫌われる投稿に挙げられたのが、ステマ感のあるもの。「好感度のあるインフルエンサーを本気でやるのは相当なマーケティング力が必要。楽しくてやっていたはずのSNSが仕事になるとツラいですし、おすすめしません」(かっぴーさん)
マナー3:親しみやすさUP&気軽に投稿できるストーリーズ。
24時間で消えるので、より気軽に日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信ができるストーリーズ。「瞬間をリアルタイムに切り取るストーリーズは、走り書きのメモのようなもの。通常ほど高い質が求められず、親しみやすい空気も出てよいですね」(かっぴーさん)
マナー4:写真からの情報漏えいにはくれぐれも注意!
GPS機能搭載のデジカメやスマホで写真の位置情報をOFFにしても写真投稿にはリスクあり。「自宅のベランダからの何気ない風景でも、周囲の建物などから住所バレに至るケースが。他人が写り込んでいれば、プライバシーの侵害にもなり得ます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.