くらし情報『遅刻の連絡は電話? メールでもOK? ピンチを乗り切るビジネスマナー』

遅刻の連絡は電話? メールでもOK? ピンチを乗り切るビジネスマナー

2018年4月12日 11:00
 

仕事には小さなピンチがつきもの。みんなが困っているそのピンチ時の対応方法をマナーの達人であるコラムニストの石原壮一郎さん、人材育成トレーナー・浅井真紀子さんのお二人に教えていただきました。電車の遅延で会社に遅刻。車内なので連絡はメールでいい?それとも降りて電話をかけて、さらに遅刻してもいい?(建築・24歳)
→人に迷惑がかかる場合は、メールより電話が◎。

関連リンク

・すてき~! センスが光る「お仕事小物」10選
・DIR EN GREY、新曲に大物エンジニア起用 全世界マーケットを重視
・アイビー茜の今週のBeauty占い(4月23日〜4月29日)


「会議があるとか、お客様が来るとか、自分が遅れることで誰かに迷惑がかかる場合は、メールだと相手が見ない可能性があるので、いったん降りて電話をかけたほうが正確です」(石原さん)。「1分でも早く会社に行かなければいけないなら、メールで一報を送り、乗り換えの駅などで電話を。そもそも遅刻はNGですが、一度上司と緊急時の連絡方法を確認しておくことも大切です」(浅井さん)
先輩とのカジュアルな打ち合わせ。スマホでメモを取るのはアリ?(美容・24歳)
→不快感を与えかねないので、やめたほうがいい。
スマートフォンが社内でどう捉えられているのかにもよりますが、基本的にはNGでしょう。というのも、スマホは多機能ゆえに『もしかして私用のメールを打っているのでは』といった疑念や不快感を相手に与えかねません」(浅井さん)。「やめたほうがいいと思いますが、他にどうしてもメモを取る術がない場合は、ひと言断った上で、先輩に画面が見えるように打つのがマナーです」(石原さん)
上司のメールに「返信不要」のひと言が。「かしこまりました」などの一報も本当になくていい?(アパレル・27歳)
→行き違いを防ぐためにも、念のため拝受のひと言を。
要件が完結しているメールに対してつけられがちなこの文言。「そうはいっても相手は上司。届いていない、見ていないなどの不安を与えないため、『お気遣いありがとうございます。拝受しました』と、ひと言送ったほうがよさそうです」(石原さん)。「不要とはいえ、その方の真意は測りかねます。上司の普段の様子を窺って、返すべきかどうか判断してみてください」(浅井さん)

石原壮一郎さんコラムニスト。『大人の人間関係』(日本文芸社)など、大人力についての著書多数。「伊勢うどん友の会」を立ち上げ、伊勢うどんを広める活動も。

浅井真紀子さん人材育成トレーナー。「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」研修担当支配人。ホテルレストラン協会テーブルマナーマスター講師。

トップス¥16,000パンツ¥16,000(共にデミルクス ビームス)眼鏡¥35,000(オリバー ピープルズ)時計¥33,500(ラーソン&ジェニングス)以上デミルクス ビームス 新宿TEL:03・5339・9070シューズ¥14,800(ステイタス/シップス 渋谷店TEL:03・3496・0481)

※『anan』2018年4月18日号より。写真・中島慶子スタイリスト・仮屋薗寛子ヘア&メイク高松由佳モデル・原田ゆかイラスト・菜々子文・保手濱奈美

(by anan編集部)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.