くらし情報『遅刻の連絡は電話? メールでもOK? ピンチを乗り切るビジネスマナー』

遅刻の連絡は電話? メールでもOK? ピンチを乗り切るビジネスマナー

2018年4月12日 11:00
 

仕事には小さなピンチがつきもの。みんなが困っているそのピンチ時の対応方法をマナーの達人であるコラムニストの石原壮一郎さん、人材育成トレーナー・浅井真紀子さんのお二人に教えていただきました。電車の遅延で会社に遅刻。車内なので連絡はメールでいい?それとも降りて電話をかけて、さらに遅刻してもいい?(建築・24歳)
→人に迷惑がかかる場合は、メールより電話が◎。
遅刻の連絡は電話? メールでもOK? ピンチを乗り切るビジネスマナー


「会議があるとか、お客様が来るとか、自分が遅れることで誰かに迷惑がかかる場合は、メールだと相手が見ない可能性があるので、いったん降りて電話をかけたほうが正確です」(石原さん)。「1分でも早く会社に行かなければいけないなら、メールで一報を送り、乗り換えの駅などで電話を。そもそも遅刻はNGですが、一度上司と緊急時の連絡方法を確認しておくことも大切です」(浅井さん)
先輩とのカジュアルな打ち合わせ。スマホでメモを取るのはアリ?(美容・24歳)
→不快感を与えかねないので、やめたほうがいい。
スマートフォンが社内でどう捉えられているのかにもよりますが、基本的にはNGでしょう。というのも、スマホは多機能ゆえに『もしかして私用のメールを打っているのでは』といった疑念や不快感を相手に与えかねません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.