くらし情報『仕事相手からの食事の誘い、どう断る? できる女の“断り方”とは』

仕事相手からの食事の誘い、どう断る? できる女の“断り方”とは

2018年4月15日 20:00
 

人からの申し出や誘いを断るのはなかなか難しいもの。そんな時、正しい言葉遣いを知っておけば、その場をうまく切り抜けられるはず。国語講師の吉田裕子さんが、シチュエーション別の断り方をレクチャーします。
仕事相手からの食事の誘い、どう断る? できる女の“断り方”とは

CASE1仕事相手の食事の誘い。
仕事上のお付き合いのある男性に、個人的に食事に誘われてしまいました。明らかに好意を持たれているのがわかるので危険!ただ今後のこともあるので、なんとかうまく断りたいんです。

【解答例】
「光栄なお誘いなのですが、しばらく仕事が立て込んでおりまして」
「せっかくですが、会社の規定上難しいんです」
断る理由は曖昧にして、誘ってもらったのはとても嬉しいという気持ちをにじませるのが大事。会社の規定など、自分では如何ともしがたい理由を述べて断るのも手。
CASE2式典の司会を頼まれた。
近々予定されている会社の式典の司会を、部内の順番を理由に、先輩から振られてしまいました。決まりだとはいえ、昔から人前で話すのは絶対無理なんです。どうやって断れば…。

【解答例】
「かえってみなさんにご迷惑をおかけしてしまうので」
「極度の口下手ゆえ、お引き受けいたしかねます。◯◯の係でしたら…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.