くらし情報『不躾、遺憾…意味がどれだけわかる? 語彙力アップのコツ』

不躾、遺憾…意味がどれだけわかる? 語彙力アップのコツ

2018年4月15日 22:00
 

何かをお願いする、催促する、自分の意見を言う…。言いづらいことを相手に的確に伝えるための語彙を研鑽。冷静でスマートな、大人の仕事力も身につきます。国語講師の吉田裕子さんに“攻めの語彙力アップ”のコツを聞きました。また、語彙力アップに使える例題もご紹介します。
不躾、遺憾…意味がどれだけわかる? 語彙力アップのコツ


攻めの語彙力アップの大原則は、“クッション言葉”をつけること。

「相手の時間を取り、プライドを傷つける可能性もあるので“こちらも遠慮をしています”ということを伝えるのがクッション言葉。ただ、下手に出すぎると慇懃無礼に取られたり、回りくどい言い方では、鬱陶しい印象になることも。重さと軽さの加減が大事です」

その加減が難しいが、とにかく失敗を恐れずに使ってみること。

「緊張しながら、ああ言おうか、こう言おうかと工夫するだけで文章力は上がるものです。また、定型文としてフレーズを覚えるのではなく、言葉の意味をしっかり理解しましょう。すると場面にぴったり合う言葉を使えるように。結果として、気持ちを込めて言うことができるので、相手の心に響き、思いが通じます。本当の語彙力は、心に通じるものなんです」

「相手の時間を取り、プライドを傷つける可能性もあるので“こちらも遠慮をしています”ということを伝えるのがクッション言葉。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.