くらし情報『ITプロが「エゴサーチはするべき!」 そのワケは…』

ITプロが「エゴサーチはするべき!」 そのワケは…

2018年4月14日 07:00
 

機密情報を漏らしたり、悪口がバレたり、NGの写真をアップしたり…。仕事でのSNSの“やらかし”は、会社に損害を与えるばかりか、職を追われる可能性も!ITジャーナリストの高橋暁子さんに、予防策を教えていただきました。愚痴ったら必ずバレる、匿名ツイッター
ITプロが「エゴサーチはするべき!」 そのワケは…


「匿名だから大丈夫」と、仕事の愚痴や悪口をツイッターで投稿している人は要注意!投稿内容やアカウント名から個人が特定される可能性は十分にある。

SNSはどこで誰が見ているかわからないもの。知っている人が投稿を見ると、出てくるお店や話題などで見当がついてしまうのです。クライアントの悪口などを書いて発覚すると、大問題になることも。SNSにマイナス要素は書き込まない。これ鉄則です」
会社で写真撮るな、写るぞ、機密情報
ITプロが「エゴサーチはするべき!」 そのワケは…


会社には機密情報があちこちに。社内のデスクで撮ったお弁当の写真をSNSにアップしたら、大事な情報も写り込んで拡散されてしまった、なんて例もあるそう。

「むやみに社内で写真を撮るのはとても危険です。本人に悪気はなくても、機密情報を公にしてしまったりして会社に不利益が生じれば処罰の対象になります。プロモーションなどで業務的に撮影が必要な時も、写り込みには十分気を付けましょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.