くらし情報『災難から逃れられない…?手相に現れる「幸福・不幸の前兆」4つ』

災難から逃れられない…?手相に現れる「幸福・不幸の前兆」4つ

2018年5月13日 19:15
 

皆さんもよくご存じの手相。それほど頻繁に変化するイメージはありませんよね。しかし、幸運な出来事や不幸な出来事が起こる“前触れ”として、一時的に現れる手相があるのです。手のひらに、あなたの未来が刻まれているのであれば、事前に知っておきたいものですよね。そこで今回は、意外と知らない“一時的にあらわれる手相”を占い師の脇田尚揮さんにご紹介いただきます。
文・脇田尚

関連リンク

・コレであなたの運命がわかる? “運命線”の見方とは…
・冷蔵庫の買い物メモから記念日の共有まで! 夫婦間のタスク管理を改善する3つの方法
・ペタッと貼るだけ! 部屋をオシャレにする5アイテム
災難から逃れられない…?手相に現れる「幸福・不幸の前兆」4つ

①運命線の先端に細かい横線が数本ある……運気が停滞状態に

運命線の先端あたり、中指下部に広がる「土星丘」に運命線をさえぎるような横線が数本出始めたら、“運気停滞”の暗示。

このタイミングでは何をしても上手くいかず、スランプを脱出しようとあれこれ画策しても“空回り”に終わってしまうでしょう。

この横線が出ているうちは焦らず、“充電期間”だと考えて。横線が消えれば、物事も順調に動き始めるはず。

②運命線上に「島」が出ている……予期しない不運に見舞われる

運命線の上の「島」は、これから運勢がダウンしていくことを暗示しています。島が現れる場所によっても、意味が異なるのでよく見てみましょう。

手首の方にある島は過去のトラウマによる不運、知能線に接する島は誤解によるトラブル、感情線に接する島は恋愛トラブル、そして運命線の先端にある島は金銭的なピンチを意味しています。

それぞれのトラブルに対応する対策を準備しておきましょう。

③生命線から出た線が運命線とひし形を形成…どんな災難も免れる強運状態

短い生命線から手のひらの中央に向けて2、3本線が出ていて、運命線との間にひし形を作っている場合は、ひし形が生命線の意味合いを強めるため、いわゆる“豪運”状態の相と言えます。

仮に命に関わるような出来事が起きても、寸前のところで回避することができるでしょう。災難があなたを避けるくらいの強運状態なのです。その状態を維持するためにも、謙虚さを忘れずに。

④薬指の下に出ている「太陽線」の先端に「星」…急に運気が盛り上がる前兆

本来、手相に現れる“星”は運気が下がる暗示なのですが、薬指下部にある太陽線の先端に出ている場合は例外。これはいわゆる“幸運の星”です。
この相が現れると、急に人気が高まったり、思いがけない幸運が訪れたり、仕事が上手くいったりと、運気が急上昇するでしょう。

これまでツキに見放されていたひとも、一気に上り調子になるはず! 前向きにアクションを起こしましょう。

運気には必ず波があります。人によって異なりますが、良い状態は永遠には続きませんし、逆に悪い状態も続きません。

大切なのは、運が良いときにアクションを起こし、不運のときは新しいアクションを慎む姿勢です。それができれば、運気に左右されず、自分らしい生き方ができるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.