くらし情報『他人からの印象が丸わかり! プロが教える“生命線”の見方』

他人からの印象が丸わかり! プロが教える“生命線”の見方

2018年5月20日 22:00
 

運勢はもちろん、その人の性格まで表すと言われる手相。自分で見られるようになれば開運につながるのはもちろん、自分や相手のことを知るきっかけにもなるかも。手相を見る際のポイントを「テソーミルーム」主宰の日笠雅水さんに聞きました。感情線の先端と指の付け根の間
人の受け入れ態勢を表す相。隙間がある場合はオープンマインドで、世間との交流が活発。自分のプライベートを人に明かすことにも躊躇なし。1cm以上空いている人は、その性質がかなり強調されていると思っていい。隙間がなかったり狭いなら、限られた人との交流を好むタイプと解釈。
他人からの印象が丸わかり! プロが教える“生命線”の見方


写真左は、あまり人に本音を語らない。だからといって隠し事をしているということではなく、一人の世界を大切にする表れ。友達は少数精鋭で、一人ごはんも平気。写真右は人と一緒にいるほうが落ち着くタイプで、団体行動が得意。新しい物事や場所を知ったり、開発したい気持ちも強い。多少、寂しがり屋の傾向も。
手のひらを横切る線、障害線
線の流れをさえぎるように手のひらを横切る線を障害線という。「障害線は、自分の中にこだわり、迷いがあるときに生じるもの。さざ波のように薄くたくさん横切る場合と、濃く現れる場合があり、障害線があってもその先の線が濃く伸びているなら、問題を克服できると考えます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.