くらし情報『働き方改革! “ホームレス”編集者が見た、お金に消費されない経営者たち。 #72』

2018年6月6日 17:30

働き方改革! “ホームレス”編集者が見た、お金に消費されない経営者たち。 #72

私筆者土居彩は “幸せとは?” と14年間勤めたマガジンハウスを辞めて、まずは幸福心理学を学ぶためにアメリカへとやってきました。奇跡が重なってバークレー大の研究室で学ばせてもらったり、街の人々に助けられたり、日課の瞑想を続けながら3年が経過。さまざまな経緯を経て、住所を持たないホームレス生活を始めることを決断しました。そして一時帰国中に新しい価値観で働く人たち、逗子市『NPO法人ごかんたいそう』の代表理事 全田和也さん、淡路島で『ヒマラヤ水晶ひかりや』を営む片岡悠さんを訪ねてきたのです。
写真/文・土居彩

土居彩の会社を辞めて、こうなった。】vol. 72

目次

・海と緑に囲まれた淡路島で水晶販売。
・逗子の森で農園と共にある保育園。


1か月間の一時帰国中では、金沢市にある1泊約3千円のドーミトリーに滞在してアメリカに仏教を広めた立役者である鈴木大拙館を訪ねたり、ご縁をいただいて2年ほど暮らしていたカリフォルニア州 バークレー市ではかぶりもしなかった、スローフード活動の中心的存在のアリス・ウォータースさんと’95年から続く彼女の ”Edible Schoolyard(食べられる校庭)” を通じた教育活動について滋賀県で書いたりしていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.