くらし情報『宮沢氷魚が舞台に初挑戦「苦しさが逆に癖になる…」』

2018年7月17日 16:00

宮沢氷魚が舞台に初挑戦「苦しさが逆に癖になる…」

「ゆくゆくは舞台も経験してみたいと思っていたんですが、まさか俳優を始めてまだ1年経っていないなか、こんなにすぐ出ることになるとは思ってもみませんでした」

ちょっと照れたように語る宮沢氷魚さん。出演するのは、演劇界を超えて注目を集める藤田貴大さんが作・演出を手がける『BOAT』。ボートで漂着する人々と、新たな土地を目指し出航する人々の物語。
宮沢氷魚が舞台に初挑戦「苦しさが逆に癖になる…」


「藤田さんの稽古場は、僕がイメージしていたような舞台とはまったく違っていました。台本がなく、その場で作っていくこともですけれど、稽古の冒頭にみんなでボードゲームをやりだしたのにも驚きました。でも、普段使わない脳を使ったり、普段は動かさないような体の部位を稼働させたり、自分でも知らなかった自分の一面を発見することがあって、いまは稽古に行くのが楽しいです」

普段はかなりの心配性。初ドラマの『コウノドリ』では、台本が手放せず、何十回も読み直したほど。

「でも、今回に関しては不思議と不安がなくて、藤田さんについていけば大丈夫って思えるんです。稽古中、『15分考える時間ちょうだい』って言われる時があるんですけれど、どんな作品にするかで悩んでいるんじゃなく、どういう道筋をたどるのが一番効果的かを探っているだけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.