くらし情報『当初はクレームの嵐 『コード・ブルー』に見る“ヒットの法則”3つ!』

2018年7月12日 11:00

当初はクレームの嵐 『コード・ブルー』に見る“ヒットの法則”3つ!

番組プロデューサー・増本 淳さんが明かす、大人気ドラマの“ヒットの法則”。『コード・ブルー』で描きたかったこと。
当初はクレームの嵐 『コード・ブルー』に見る“ヒットの法則”3つ!

目指したのはリアル。でも、放送開始当初はクレームの嵐!
「それまでの医療ドラマは、紋切り型の天才ドクターが主役でした。けれど、実際の医師は私生活で欠点もあれば、もっと人間くさいもの。だからこそ魅力的に思えるわけで、そこを描きたかったんです」

そんな増本さんの思いから、『コード・ブルー』は生まれた。

「取材を始めた12年前、周りの若者の多くは、能力はあるのに失敗が怖くてやりますと名乗り出ないタイプだった。そんな若者を主役にしたくて、最初に浮かんだキャラが白石。一方、そんな白石を刺激し、成長させるための当て馬として必要だったのが“俺にやらせろ”と手をあげる藍沢でした」

実は当初、他でもナイーブな役が多かった山下(智久)さんを白石役に考えていた。ところが…。

「実際に山下くんに会ったら、武骨で野心家な青年だった。そこで、世間的な彼の線の細いイメージを剥がすならこのドラマだ、と山下くんを藍沢役に。何にも染まれる“白”を名前につけた白石は、イメージにぴったりの新垣(結衣)さんにオファーをしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.