くらし情報『恐怖に襲われる…踏切・電車ホームで「やってはいけない」不吉行動4つ』

2018年8月30日 20:45

恐怖に襲われる…踏切・電車ホームで「やってはいけない」不吉行動4つ

いつも何気なく利用している踏切や電車のホーム。利用者が多い時間帯は気づきにくいですが、ふとした瞬間に異様な雰囲気が流れているのを感じたことはありませんか?実は、鉄道は身近な生活環境の中でも特に恐ろしいスポットのひとつなのです。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに“踏切、電車のホームでしてはいけないこと”をご紹介いただきます。
文・脇田尚揮

■ホームの端でスマホや携帯をいじらない

目次

・ホームの端でスマホや携帯をいじらない
・ホームの椅子に腰かけて足踏みをしてはならない
・踏切で遮断機が下りている時に大笑いしてはいけない
・踏切の石を家に持ち帰ってはいけない
恐怖に襲われる…踏切・電車ホームで「やってはいけない」不吉行動4つ


駅のホームの端は、見晴らしがよく電車の運行、人の乗り降りがよく分かります。これは人間だけでなく霊もまた同じ。

電車に乗り降りする人間を狙って霊がたむろしやすい場所と言われています。

また、霊はスマホなどの電子機器に寄ってくるとも言われています。ホームの端で何の気なしにスマホを触っていたら、悪霊に手をとられ、線路に引きずりこまれちゃうかも……。

■ホームの椅子に腰かけて足踏みをしてはならない

恐怖に襲われる…踏切・電車ホームで「やってはいけない」不吉行動4つ


昼は人でごった返しているホームも、夜になると、どこかもの寂しげで薄気味悪い雰囲気になることがあります。これは、ホームが“陰気”を帯びやすい場所であることが原因です。

朝、混雑している電車に乗ると、少なからず不愉快な気分になるもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.