くらし情報『実はダサい…! 自分では気づきにくい「ロゴTコーデの失敗例」 | スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯66』

2018年8月10日 19:00

実はダサい…! 自分では気づきにくい「ロゴTコーデの失敗例」 | スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯66

数シーズン前から続く、スポーティアイテムの流行。今年はその最盛期か、ウエストポーチ、サイドラインパンツ、キャップとスポーツ系アイテムがとくに多いですよね。なかでも、ロゴTシャツは取り入れやすく、この夏一番活躍しているアイテムと言えそう。でも、意外と気づかないうちロゴTシャツで失敗していることもあるんです。今回は、大人女性がやってしまいがちなロゴTコーデの失敗例をご紹介します。
イラスト、文・角侑子

【スタイリストの体型カバーテクニック術】vol. 66

目次

・ワイドパンツと合わせるのは意外とNG
・クラッシュデニムは子どもっぽく見える!?
・無難になりがちな配色合わせ
・Tシャツは生地厚めがマスト

ワイドパンツと合わせるのは意外とNG

実はダサい…! 自分では気づきにくい「ロゴTコーデの失敗例」 | スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯66


今季、定番中の定番となっている組み合わせは、ロゴTシャツにハイウエストのワイドパンツのコーディネイト。体型カバーもできるし、ロゴTの子どもっぽさをワイドパンツが打ち消してくれて、ちょうど良いリラックス感と大人っぽさを表現できるスタイリングなのですが……。

これって背が高くて細身のモデル体型の人が似合うスタイリングなのですよね。身長が低い方、ウエストラインに自信のない方、バストが大きい方などはTシャツとワイドパンツの境目に窮屈さを感じるような見た目になってしまいます。実際に着用してみて、横からのラインを鏡でチェックしてみてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.