くらし情報『夢をあきらめない! ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』』

2018年9月6日 17:30

夢をあきらめない! ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』

に語っていただきました。

ダコタとの仕事は自分にとってもベストな経験

夢をあきらめない! ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』


―今回ウェンディを演じた元天才子役のダコタ・ファニングは、これまでにないような役柄を見事に演じていますが、彼女と現場をともにしてみてどのように感じましたか?

監督
ダコタとの仕事は、自分が俳優を演出してきたなかでもベストな経験。彼女は数多くの作品に出演しているベテランの女優でもあるから、その経験を発揮してくれたと思うよ。

それから、これはいまの若い俳優の傾向のようだけど、自分の心の中に思いっきり飛び込むことがすぐにできるんだ。そういった俊敏さと柔軟さという2つの要素を生かしてくれたんじゃないかな。それは年を重ねた役者にはなかなかできないことなんだよね。

だから、今回の彼女は技術力と感情にアクセスできる才能とが合わさった素晴らしい演技をしてくれたと思っているよ。それに、現場での振舞いもすばらしくて、「自分はあくまでもチームプレイヤーのひとりなんだ」という意識でいてくれたから、いわゆる「私はスターよ」みたいな素振りは一切見せずにやってくれたんだ。
夢をあきらめない! ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』


―ダコタとのやりとりで印象に残っていることはありますか?

監督
ウェンディの日課を撮っているシーンは、けっこうロングテイクだったからすごく思い出に残っているよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.