くらし情報『会場は秋一色!『【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り』』

2015年9月19日 14:15

会場は秋一色!『【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り』

会場は秋一色!『【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り』

会場は秋一色!『【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り』

琳派400年記念として注目されている今年2015年、渋谷区広尾にある山種美術館で9月1日から『【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り』がスタートしました。

本展では、琳派の代表作のほか、これからの季節にぴったりの「秋」をテーマにした作品をまとめて鑑賞することができます。
俵屋宗達をはじめ、尾形乾山や酒井抱一、鈴木其一など琳派を代表する画家たちの作品のほか、琳派に学んだ近代・現代の日本画家たちの作品も展示。見ごたえある内容です。

琳派の特徴は、大胆な構図やデザイン、装飾性の高さにあるといわれています。例えば、本展のチラシにも使われている酒井抱一の《秋草鶉図》は、琳派の華やかさと抱一らしい繊細さが合わさった傑作。ススキの原に紅葉したカエデや5羽の鶉(うずら)を緻密に描き、深まりゆく秋の武蔵野に見立てています。

また、「秋の彩り」をテーマに速水御舟の《山科秋》や竹内栖鳳の《秋夕》、川合玉堂の《渓雨紅樹》なども並び、会場は秋一色。ひと足早く、美術館で秋を感じることができます。

『【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り』は10月25日まで。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.