くらし情報『「必見の展示ベスト5」に入った注目作家 日本の美術館で初個展』

2018年9月21日 11:00

「必見の展示ベスト5」に入った注目作家 日本の美術館で初個展

2013年のヴェネチア・ビエンナーレでウォールストリートジャーナル紙が「必見の展示ベスト5」に挙げるなど、国際的な注目を集めた作家リー・キット。’16年には米国とベルギーで個展を同時開催。次世代アートシーンを牽引する彼の日本の美術館初の個展が始まった。
「必見の展示ベスト5」に入った注目作家 日本の美術館で初個展


彼を一躍有名にしたのは、布に絵の具でストライプや格子柄などを描いたシリーズ。彼は自分でペイントした布を何度も洗って、ある時はピクニックに、ある時は展覧会に持っていく。実用性も兼ね備えたこの作品はアートというより愛用品といった佇まいで、観る人にも親近感を与えた。また淡いパステルカラーに塗られた段ボールに、ニベアなどの生活用品のロゴをペイントしたシリーズも有名。こういった観る人それぞれの日常的な体験を呼び覚ます彼の作品は、アートをより身近なものにしてくれると評判だ。
「必見の展示ベスト5」に入った注目作家 日本の美術館で初個展


近年は絵画やドローイング、プロジェクター映像の他、家具や日用品等を配置した空間を淡い色調で仕上げた絵画のようなインスタレーションに力を入れるリー氏。「展覧会をするなら、開催地の歴史や空気感を大切にし、その場所だけのための作品を」という彼にとって、昭和の実業家・原家の私邸であり、第二次世界大戦時にはGHQに接収された歴史を持つ原美術館は、まさに最高の舞台。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.