くらし情報『球根1個で邸宅が買えた!?  チューリップに熱狂した時代とは』

2018年10月15日 07:00

球根1個で邸宅が買えた!?  チューリップに熱狂した時代とは

17世紀のオランダでは、チューリップが珍重され、希少品種の球根1個が邸宅1軒分にも相当したそう。自分が投資した球根からブレイカー(色割れ)と呼ばれる縞模様の変種ができようものなら、一夜にして大金持ちに。当然、人々はチューリップへの投機に熱狂する。映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は、そんな“チューリップ・フィーバー”が巻き起こっていた時代の物語だ。
球根1個で邸宅が買えた!?  チューリップに熱狂した時代とは


ヒロインは、孤児として修道院で育ち、親子ほど年の離れた裕福な商人コルネリス(クリストフ・ヴァルツ)に嫁いだソフィアアリシア・ヴィキャンデル)。早く後継ぎを授かりたいというプレッシャーはあるものの、優しい夫のおかげで何不自由ない生活を送っていた彼女の胸に、徐々にさざ波が立ちはじめる。

この時代、チューリップと同様に愛されていたのが絵画。多くの金持ちがそうしたように、コルネリスもまた自分たちの肖像画を残そうとする。けれども、雇ったのが若い画家ヤン(デイン・デハーン)。恋も知らずに嫁いできた美貌の若妻と、イケメン画家が、恋におちるのに時間は要らない。人目を忍んで逢瀬を重ねる二人は、新たな人生を始めようと画策し、“チューリップ・フィーバー”に乗っかって、ひと山当てようとする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.