くらし情報『歪みが直った!? 夜寝る前、たった5分の「骨盤呼吸」』

2018年10月21日 20:00

歪みが直った!? 夜寝る前、たった5分の「骨盤呼吸」

自律神経が整って、体型も変わる!らくらく“骨盤呼吸”をマスターしよう。
骨盤呼吸の効果を得るために、重要なのが“腹式呼吸”。日本骨盤ヘルスケア協会・佐藤志津香さんによると、呼吸筋の一つである横隔膜と骨盤は実は筋肉でつながっていて、深い腹式呼吸によって横隔膜が動くと、それと連動して骨盤が開閉。自然と正しい位置に調整されるという。

「同時に血液やリンパの流れもよくなるので、体のむくみ解消にも効果的。息を大きく吸って吐くことで、自律神経が副交感神経優位に切り替わり、眠りも深くなります。仰向けになっての骨盤呼吸は、就寝前に習慣づけて!さらに効果を出すには、朝晩2回に。ベッドの上など柔らかい所でなく、床や畳の上で行いましょう」

ここでは、骨盤呼吸の基本中の基本、仰向けでの呼吸法をマスター。就寝前の入眠儀式にもおすすめ。夜寝る前にたった5分、やってみよう!
1:準備
まずは、普通に3回息をしてから始める。
歪みが直った!? 夜寝る前、たった5分の「骨盤呼吸」


床に仰向けになり、全身の力を抜いてリラックス。まぶたは軽く閉じ、両腕を伸ばして手のひらは上に向ける。そのままゆっくり鼻で3回呼吸する。
2:吸う
鼻から息を吸って、お腹を膨らませる。
歪みが直った!? 夜寝る前、たった5分の「骨盤呼吸」


両ひざを立て、足を肩幅より広めに開く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.