くらし情報『KERA「異端児の括りだった」あの頃を振り返る』

2018年10月18日 19:20

KERA「異端児の括りだった」あの頃を振り返る

筆がのっているとは、まさにいまのKERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さんのことをいうのだと思う。ここ数年、発表する作品がことごとく面白い。しかもその作品ときたら、最高にくだらなくてバカバカしいコメディから、ラブストーリー、シニカルな不条理劇、そして翻訳劇の演出と、驚くほど多彩。そのうえ、演劇活動の合間を縫うようにミュージシャンとしても活動していたりするのだからすごい。
KERA「異端児の括りだった」あの頃を振り返る


――主宰されている劇団、ナイロン100℃(以下、ナイロン)が、今年結成25周年と銘打って公演をおこなっていますけれど、長く活動してきて、作家と劇団員の信頼関係が築かれているからこそ出せる面白さを実感しました。

KERA:いつもギリギリですよ。いまに始まったことじゃないですけれど、ここまでギリギリで稽古しているのかっていうくらい(苦笑)。ただ、その時どきの自分や集団の調子があって、いまは互いに調子がいい状態ではある。あと、僕も周りも場数を踏んで、ナイロンとしてこだわる部分、さして重視しなくていい部分のさじ加減がわかってきたというのはあると思います。

――犬山イヌコさん、峯村リエさん、三宅弘城さん、大倉孝二さんなど、劇団員の方々の多くが、いまや映像作品でも活躍されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.