くらし情報『横澤夏子が提案! いい女の“ご褒美飯”とは?』

2018年10月28日 22:00

横澤夏子が提案! いい女の“ご褒美飯”とは?

出会った女性がネタの源。そんな横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は食事の時間を楽しみにする「昨日食べたものを覚えている女」になりきり。
横澤夏子が提案! いい女の“ご褒美飯”とは?

自分の“ご褒美飯”を食べる日を作ろう!
みなさんは昨日食べたものを覚えていますか?“おばあちゃんにする質問か”と思う人もいるかもしれません。でも、食にどのくらい執着があるのか、日頃の食事をおろそかにしていないかという判断材料になると思うんです。やっぱり、食は人が生きていくうえですごく大事だし、自分の口に入れたものを覚えていないというのは、無意識で食べていることの表れですよね。忙しいからといって仕事中にデスクでささっと食べたり、“これですませちゃおう”と適当なものを食べるのは、体にかわいそうなことをしているのと同じこと。そうではなく、記憶に残る食事ができる人こそが、いい女だと思うんです。とはいえ私も、覚えていないことがしょっちゅう。このあいだ友だちから地元のパン屋さんのパンをもらって食べたときには、記憶が消えてしまうのが嫌で“パンを食べた、パンを食べた”と何度も頭の中で繰り返しながらいただきました。それはそれで、怖いんですけどね(笑)。

まずは、好きなものやごちそうなど“ご褒美飯”を食べる日を作るのがよさそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.