くらし情報『冷え症、疲れやすい、朝起きられない…“隠れ貧血”を疑ってみる!』

2018年10月24日 20:10

冷え症、疲れやすい、朝起きられない…“隠れ貧血”を疑ってみる!

今や日本女性の1000万人以上が不足している鉄。貧血症状もないのに、気がつくと鉄欠乏に陥っている“隠れ貧血”も急増中。一体どういうこと?あやこいとうクリニック院長の伊藤史子先生にお聞きしました。
冷え症、疲れやすい、朝起きられない…“隠れ貧血”を疑ってみる!


――鉄が不足すると貧血になる、とはよく聞きますが…。

伊藤先生:鉄はまず酸素と結びつき、赤くなる性質があります。例えば赤血球や肝臓、粘膜は真っ赤っか。鉄は、そういう体の中の赤い部分の素になる、と考えるとわかりやすいですね。

――もし鉄が不足すると、赤みが消える、ってことですか?

伊藤先生:その通り。わかりやすいところで言うと、よく“アッカンベーをしたとき、下まぶたの裏が白くなっているのは、貧血の証拠”なんて言いますよね。あれは鉄分不足で赤血球が足りなくなって、粘膜の赤みが抜けている状態なんです。

――体にどんな影響がありますか?

伊藤先生:鉄不足で赤血球が減れば、酸素を体の隅々まで運べなくなります。いわゆる酸欠状態ですね。血液検査で「ヘモグロビン値が低い」と言われるのは、この酸素を運ぶ力が弱まっているんです。そこから血行不良になり、冷え症になったりします。粘膜や内臓が弱ってしまい、風邪をひきやすくなったり、アレルギーの原因になることも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.