くらし情報『30代前後の働く女性は不足気味? ビタミンDの働きは…』

2018年10月27日 19:50

30代前後の働く女性は不足気味? ビタミンDの働きは…

多様な働きに、もはやホルモンのひとつといわれるビタミンDも、不足しがちな栄養素。その原因には意外や、「きれいでいたい」という女ゴコロも関係しているようで…。赤坂ファミリークリニック院長の伊藤明子先生にお聞きしました。
30代前後の働く女性は不足気味? ビタミンDの働きは…


――ビタミンCとかEは美容にも関係あるし、積極的に摂ろうという気になるけど、Dは正直、どんなものなのかピンとこないかも。でも、それなりに必要なものなんですよね?

伊藤先生:それなりどころか、とても重要なんですよ。ここ数年、さまざまな作用があることが分かり、世界中で研究が進んでいるビタミンです。

――そんなに注目されているとは。よほど大切な働きがあるんですね。

伊藤先生:よく知られているのは、骨を作るのに欠かせないものだということ。でもそれだけじゃありません。非常に幅広い機能を持っていて、免疫力をはじめ、体のさまざまな機能を上げる働きがあるんです。さらに細胞の核に作用して、遺伝子にも影響を与えることが分かっています。

――知りませんでした。そんな“スーパービタミン”だったとは。

伊藤先生:なので、これが足りないといろいろな不調が起きてきます。まず、免疫力が下がるので風邪やインフルエンザなど感染症にかかりやすくなるし、副甲状腺の機能が低下して、ホルモン調整にも悪影響が及びます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.