くらし情報『間違えると金運急降下…お金が貯まる「お札の入れ方」4つ』

2018年11月16日 20:15

間違えると金運急降下…お金が貯まる「お札の入れ方」4つ

お金は面白いもので、扱い方ひとつによって、あなたのところにやってくるかどうかが決まってしまうようです。だからこそ、お金が逃げないようなお財布への入れ方が大事になってきます。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに、お金が逃げない「財布へのお金の入れ方」をご紹介いただきます。
文・脇田尚

■外側に額が低いお札、内側に額の高いお札を入れる

目次

・外側に額が低いお札、内側に額の高いお札を入れる
・お札の裏表を揃える
・お札の上下を揃える
・お札のシワを伸ばして入れる
間違えると金運急降下…お金が貯まる「お札の入れ方」4つ


基本的にお金は、値段が高いものの方がパワーが強く、安いものの方がパワーが弱いとされています。そのため、財布に硬貨をたくさん入れるよりも、お札を入れていた方がお金は逃げません。できれば硬貨とお札は別々の財布にした方がよいでしょう。

また、財布の内側に1万円札などの高価なお札を入れ、外側に千円札など低額のお札を収めるのが理想的な入れ方。

■お札の裏表を揃える

間違えると金運急降下…お金が貯まる「お札の入れ方」4つ


お札には、福沢諭吉野口英世など、偉人の顔が印刷された側がお札の表側です。

実は、これらお札の裏表をバラバラにすると、お札同士が対立してケンカするとされます。そのため、お札の裏表は同じ側になるように(顔同士が同じ方向を向くように)揃えましょう。

そうしないと、お札同士が居心地が悪くなり、お金が舞い込んでこないようになってしまうのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.