くらし情報『完全な善人も悪人もいない…敗戦後のベルリンに女流作家が見た希望』

2018年11月13日 19:00

完全な善人も悪人もいない…敗戦後のベルリンに女流作家が見た希望

世の中が混乱状況に陥った時、人は自分の“善”とどう向き合うか。それを克明に描き出す深緑野分さんの『ベルリンは晴れているか』。終戦直後の1945年、他国の占領下となったドイツのベルリンが舞台だ。
完全な善人も悪人もいない…敗戦後のベルリンに女流作家が見た希望


「5歳くらいの頃、ニュースで人々がベルリンの壁を壊している光景が映って。母に“世界が変わる瞬間だから憶えておきなさい”と言われたことが強烈に印象に残っています」

以来、この都市に興味を持ち続けていたところ、ある時、

「終戦直後のアメリカ軍の雇用事務所でドイツ人たちがタイムカードを押している写真を見たんです。みんな敗戦を嘆くというより、照れ笑いのような表情で。こういうところに“人”が見えてくるなと思い、この時代のこの場所を書いてみたくなりました。当事者でなければ小説に書いていけないわけではないけれど、書く以上、敬意と責任を持って、調べられることは全部調べました」

戦争で天涯孤独となったドイツ人少女アウグステは、恩人の老人の不審な死を知り、訃報を伝えるべく彼の甥を探す旅に出る。偶然、道連れとなったのは陽気な泥棒カフカだ。旅先で彼女は、他国の兵士や戦争孤児ら、様々な人々に出会う。

「ロードノベル風にしてたくさんの人を出せば、読者に誰かしらひっかかる人がいるだろうと思って」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.