くらし情報『米で共同生活しながら…[ALEXANDROS]の新作がすごい!』

2018年11月20日 18:00

米で共同生活しながら…[ALEXANDROS]の新作がすごい!

幅広いサウンドで注目を集めるロックバンド[ALEXANDROS]。社会人経験を経てメジャーデビューという異色の経歴を持つ彼らの音楽にかける思い、4人の関係性とは。
米で共同生活しながら…[ALEXANDROS]の新作がすごい!


攻撃的な音だけでなく甘いメロディも得意とし、ロックファンのみならず多くの人から支持を受けるバンド[ALEXANDROS]。今年は、数々の音楽フェスに出演する一方で、千葉のZOZOマリンスタジアムでの単独ライブも成功させた。そんな4人が7枚目となるニューアルバムを発表する。

――『Sleepless in Brooklyn』というタイトルの意味を教えてください。

川上洋平(ボーカル&ギター):特にこれというコンセプトはないのですが、ずっとブルックリンに滞在して作っていたのがひとつ。本当に眠らないで作ったりもして(笑)、いろいろな意味が込められてます。

磯部寛之(ベース&コーラス):レコーディングもさることながら、トータルで半年近くブルックリンに腰をすえました。制作というより、暮らしながらスタジオに通うという感じで。ボンボン、曲のネタが生まれましたね。

川上:「SNOW SOUND」以外は全部、向こうで生まれた曲。エンジニアやプロデューサーも向こうの人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.