くらし情報『意識が吸い込まれる?鏡の前で「絶対にしてはいけない怖いコト」4選』

2018年12月23日 20:15

意識が吸い込まれる?鏡の前で「絶対にしてはいけない怖いコト」4選

鏡は自分の姿を映し出すアイテム……と思っている方がほとんどだと思います。でも、昔は神器やまじないにも用いられていました。鏡の使い方を間違えると、大変なことになってしまうことも……。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに“鏡の前でしてはいけないこと”をご紹介いただきます。
文・脇田尚揮

■0時ちょうどに合わせ鏡にして覗き込む

目次

・0時ちょうどに合わせ鏡にして覗き込む
・ロウソクの光で薄暗い鏡の前に立つ
・鏡に映った自分に対して「お前は誰だ」と言い続ける
・暗い部屋の鏡の前で好きな相手の名前を5回唱える
意識が吸い込まれる?鏡の前で「絶対にしてはいけない怖いコト」4選


“合わせ鏡”をあなたはご存知ですか? 鏡と鏡を向かい合わせにして、鏡の“奥”が見えるかのような状態を作り出すことをいいます。どこまでも鏡同士が映りあう、妙な雰囲気に興味を惹かれる方もいるでしょう。

しかし、真夜中の0時に、この合わせ鏡の前に立ってはいけません。あなたの意識が吸い込まれてしまうかもしれないのです……。

■ロウソクの光で薄暗い鏡の前に立つ

意識が吸い込まれる?鏡の前で「絶対にしてはいけない怖いコト」4選


ロウソクの光を、美しいと感じる人も少なくないでしょう。そんな火の光は、古来より人間の命に例えられてきました。ゆらめいて今にも消えそうなその光は、人生の儚さを表しているよう。

もしもあなたが薄暗いところで、ロウソクの光をたよりに鏡の前に立ち、姿を映したとしたら……。良くないことが身に降りかかるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.