くらし情報『赤ちゃんの成長にいい離乳食のコツ…! 生後8か月の育児 後編 #29』

2018年11月14日 16:00

赤ちゃんの成長にいい離乳食のコツ…! 生後8か月の育児 後編 #29

初めてのママが直面する問題に、保育カウンセラー・こどもの心のスペシャリストの小阪有花さんが答えます。保育園に関する質問、保育士の悩み、育児の悩み相談、働くママの心理など、プレママさんも知っておきたい内容が盛りだくさん! 第29回は、生後8か月の気になることです。
文・小阪有花

【新米ママを助ける育児Q&A】
vol. 29

生後8か月の赤ちゃん、気になること

赤ちゃんの成長にいい離乳食のコツ…! 生後8か月の育児 後編 #29


初めての育児。我が子はかわいいけれど、不安や悩みがどんどん湧いてくるもの。そんな新米ママのために、この時期の気になることを解決します!
Q. 「手づかみ食べ」はさせたほうがよいですか?
手づかみ食べはぜひさせてあげてください。手づかみしたりこねたりすることは、赤ちゃんにとって大事な成長過程です。食べ物に関心が出てきたからこその行動なので、テーブルや手などを清潔にしたうえで、どんどん挑戦させましょう。
Q. 手づかみ食べをさせると、口や体がべちゃべちゃになります。
赤ちゃんはみんなこうなりますか?
赤ちゃんの頃は、汚れてなんぼ! と覚悟してください(笑)。シートをひいたり、食事用の洋服やエプロンをつけるのもよいです。これらを準備できたらご飯、という過程があると、赤ちゃんの、先を読む力にもつながりますよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.