くらし情報『俳優・矢本悠馬「もうやりたくない(笑)」 苦手を告白!』

2018年11月21日 21:00

俳優・矢本悠馬「もうやりたくない(笑)」 苦手を告白!

何気ない瞬間の表情や仕草が妙に愛らしい。ドラマ『半分、青い。』をはじめ、さまざまな作品でスパイス的な役割を果たしている矢本悠馬さんに、お話を伺いました。
俳優・矢本悠馬「もうやりたくない(笑)」 苦手を告白!

役者って、言葉にできない気持ちを表現するのが醍醐味だと思うんです。
――たくさんご覧になった映画やドラマで、こういうものに出てみたいと思うものはありました?

矢本:なかったですよ。ただ、出たいというより、羨ましいなという役はありました。できないけれど、『マスク』のジム・キャリーの芝居はヤバかったですね。外見だけじゃなく中身も役が憑依しちゃっているようで、世界にはこんな人がおるんやって。あとは、映画『ゆれる』の香川照之さんかな。役者って、嬉しいとか悲しいとかじゃなく、もっと複雑な言葉にできない気持ちを表現するのが醍醐味だと思うんです。香川さんは、あの役の人生を経験していないのに、あのラストカットの表情は、まるで本当に経験した人の顔で、ゾッとしました。衝撃でしたね。

――自分が経験していない人生を演じるのがお仕事ですが、矢本さんはどうされていますか?

矢本:すごいピュアな人も、大量殺人を犯すような人も、この世には存在するわけで、遠い別次元のところにいるとは思っていないんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.