くらし情報『まるでCGのような舞台! カナダ人演出家ルパージュ、4年ぶり来日公演』

2015年10月5日 22:00

まるでCGのような舞台! カナダ人演出家ルパージュ、4年ぶり来日公演

元々の作品は\'91年初演。この作品を機にルパージュの名前が世界に広まった。映し出されているビル群や建物の壁は映像だけれど、窓から顔を出す人間は生の俳優だ。一体、どうなってるの?その答えは劇場で。(C)Nicola Frank Vachon

元々の作品は'91年初演。この作品を機にルパージュの名前が世界に広まった。映し出されているビル群や建物の壁は映像だけれど、窓から顔を出す人間は生の俳優だ。一体、どうなってるの?その答えは劇場で。(C)Nicola Frank Vachon

舞台の真ん中に設置された丸型のガラス窓が、ドラム式洗濯機の丸いガラスの扉や宇宙船のハッチになり、時計に変わる。そして、平面に映し出された映像の階段を、舞台上の俳優が上っていく。

いまのCG技術ではどんな壮大な映像にも驚きはないけれど、これが実際に生の舞台の上で繰り広げられているとわかれば、そのすごさは伝わるだろうか。

これはどちらも、カナダ人演出家、ロベール・ルパージュの舞台のワンシーン。このルパージュとは、同じケベックで生まれたシルク・ド・ソレイユや、ニューヨークのメトロポリタンオペラなども手掛ける人気演出家。“映像の魔術師”という異名があるとおり、その舞台は映像や照明などを駆使したもの。舞台に映像を使うのは珍しくないけれど、それが単なる風景ではなく、俳優の動きと連動して、不思議な世界を目の前で見せてくれるのだ。そのひとつひとつの場面は美しく、それだけでアートのよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.