くらし情報『なぜ人は変わりたくない?  変化を妨げる4つの心理』

2018年12月8日 18:00

なぜ人は変わりたくない?  変化を妨げる4つの心理

“自分には才能なんてない”という人も、それはもしかしたら思い込みかも?まだ気づいていない潜在的な才能を開花させれば、ほかにももっと自分を生かせる道が見つかるはず!
なぜ人は変わりたくない?  変化を妨げる4つの心理


才能とは、決して特別なものではなく、誰の中にもあるものだという。

「自分の才能を見つけられるか否かは実は単純で、興味のあることを試す“経験値”によって決まります。その数が多い人ほど、自分の才能に気づける可能性も上がりますが、実際には試さない人が多いんです」

と起業家プロデューサー・星渉さん。それにはこんな理由があるそう。

「私たち人間には、『損をしたくない』という心理が強く働いています。興味のあることを試して失敗するのを無意識のうちに嫌うのです。損をするくらいなら、今のままでいるほうがいい理由をあれこれ探し、現状維持を選択する。そのため、多くの人が『才能があったらいいなぁ』と思うだけにとどまってしまいます」

変化できないのは、こんな心理が邪魔しているからかも?
損失回避
損した時の痛みは利益の2倍感じる
人間は、利益を得た時の喜びよりも、損をした時の痛みのほうがより強く感じるため、損を恐れて避けようとする。これを心理学では「損失回避の法則」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.