くらし情報『どうするのが正解?「名刺交換」での失敗&困惑あるある5選』

2018年12月10日 19:40

どうするのが正解?「名刺交換」での失敗&困惑あるある5選

この場合、名刺入れの上に乗せるのは一番偉い役職の人。もし名刺を見てもわからなければ一番最初に名刺交換をした人にしましょう。全ての名刺を並べてもいいのですが、資料を広げる時に落としてしまいそうなら、一声かけて名刺入れにしまっても大丈夫です。また、名刺は偉い人から順に並べるというマナーがあるけど、名前と顔を一致させるために席順通りに並べてもOKです。
覚えてなくて二度目の名刺交換
「名刺の管理をしっかりしていなかったせいで、2回目に会った人に名刺交換をお願いしてしまいました。相手の方は覚えていたようですごく嫌な顔をされ、『名刺ケースを全て失くしてしまって』と言い訳しましたが、そもそも名刺ケースを失くしたって、社会人としてダメですよね(汗)。それからは名刺に相手の特徴を書き込み、事前にどなたと名刺交換したのかを確認するようにしています」(33歳・その他)

一度ご挨拶した人なのに覚えておらず名刺交換…なんてことも社会人あるあるかもしれません。一度で顔や名前を覚えられたらベストですが、忘れてしまいそうなら特徴を記録したり、オリジナルの管理をしましょう。長時間立ち話している時の名刺の位置は?
「『名刺交換をした後は胸より高い位置で持つ』と勉強していたのですが、名刺交換の後に長時間の立ち話をする時はどうしたらいいのでしょうか? 慣れていなさすぎて、ひたすら胸の高さでキープし続けてたのですが、腕は疲れるし、正解が気になって話がまともに聞けなかったです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.