くらし情報『2019年は“アニメの実写化”が大豊作! 普通にしゃべるピカチュウ登場?』

2018年12月30日 19:00

2019年は“アニメの実写化”が大豊作! 普通にしゃべるピカチュウ登場?

2019年の映画界は、アニメの実写化&女性応援モノが大豊作の一年に!映画ライター・山縣みどりさんに総括してもらいました。
日本でもおなじみのキャラクターを実写化した作品が揃い踏み!

「ピカチュウが普通にしゃべる(!?)『名探偵ピカチュウ』は、声を演じるのが『デッドプール』シリーズを大ヒットさせたライアン・レイノルズというから期待大。ほかにも『ダンボ』や『ライオン・キング』、ウィル・スミス主演の『アラジン』がラインナップ。純粋な気持ちで楽しめる物語や親子3代で観られることなど、ヒットの要素が詰まっています」

また、女性の権利を訴える作品も、めじろおし。

「“#MeToo”“Time’s Up”ムーブメントの一環といえる作品は、より増える傾向が。『キャプテン・マーベル』は、マーブル映画史上初の女性ヒーロー。また、ブレイク・ライブリーが主演の復讐劇『ザ・リズム・セクション』や、男性優位のスポーツ・エージェント界で苦闘する女性を描く『What Men Want』など、多様な角度で女性を応援する映画が揃います」
『名探偵ピカチュウ』
2019年は“アニメの実写化”が大豊作! 普通にしゃべるピカチュウ登場?


事件に巻き込まれた父親を探すティムが、見た目はかわいいのに中身はおっさん(!?)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.