くらし情報『日本はおじいちゃん的役割? アジアでの日本の立ち位置は…』

日本はおじいちゃん的役割? アジアでの日本の立ち位置は…

現場を見守る顧問のような存在として。

五月女:現役選手ではないんですね。

堀:素晴らしい立ち位置だと思いますよ。ただ中立的な立場で調整役に立つには、日本国内が安定していることが必須。残念ながら日本は格差が広がり、経済成長も横ばい。足りない労働力を海外からただ安く入れようとしたらいずれ分断を生み、社会は荒れてしまいます。外国人と共存できる環境を整えることが先決でしょうね。2019年の日本は踏ん張りどきだと思います。


五月女:外国人労働者は、おもてなしの気持ちで迎えるべき?

堀:いえ、そういうお客さん扱いではなくて、「一緒に働く仲間」として対等に支え合う関係を築けるのが理想ですね。
日中首脳会談
日本はおじいちゃん的役割? アジアでの日本の立ち位置は…


日本と中国は、競争から協調へ。
’18年後半、首脳会談を3度も行った安倍首相と習近平国家主席。9月に、ロシアで開かれた東方経済フォーラムの場で。10月には総理大臣として約7年ぶりに訪中。11月末にもG20サミットが行われたアルゼンチンで。
日中の関係改善に向けて一気に加速!©新華社/アフロ
RCEPとTPP11
日本はおじいちゃん的役割? アジアでの日本の立ち位置は…


アジアに巨大な貿易圏が生まれる。
RCEPは、’11年にASEANが提唱。日中韓印豪NZの6か国がASEANと結んでいる5つの自由貿易協定を統合し、東アジアでの共同体作りを目指す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.