くらし情報『男性にも伝わるエロス! 大人の色気あふれる『ヒプマイ』の魅力』

2019年1月13日 21:00

男性にも伝わるエロス! 大人の色気あふれる『ヒプマイ』の魅力

『ヒプノシスマイク』にメロメロだという、エッセイスト・犬山紙子さんとお笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さんが語る、ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」の注目すべきポイントとは?
男性にも伝わるエロス! 大人の色気あふれる『ヒプマイ』の魅力


岩井:ヨコハマは、全ディビジョンのなかで、一番悪い感じがするんです。

犬山:ヤクザ、汚職警官、元軍人という構成で、とにかくイカツイ。

岩井:『ヒプマイ』って、悪い男を求めていた女の子に突き刺さったと思うんですが、その要素が顕著に表れているのがヨコハマです。ラップバトルで、(碧棺)左馬刻(あおひつぎ・さまとき)が(神宮寺)寂雷(じんぐうじ・じゃくらい)先生(シンジュク・ディビジョン)に「3人まとめてアンタの病院にぶち込んでやるよ」と言うじゃないですか。すっごい口が悪いんですけど、これを求めている人にはたまらないですよ。

犬山:この悪い男たちの、ぞくぞくさせられる色気に飛び込めるって、フィクションだからこその快感ですよね。でもそれと同時に、彼らのかわいさも感じるんですよ。例えば左馬刻が「俺は左馬刻さまだ」って自分に様をつけてラップするところなんて、幼稚園児の母親の気分に…。自分のM心と母性をかき乱されて、わけわからない状態に(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.