くらし情報『作家・柴崎友香が綴る“チョコ”エッセイ『チョコレートのある世界』』

2019年1月16日 19:20

作家・柴崎友香が綴る“チョコ”エッセイ『チョコレートのある世界』

作家・柴崎友香さんがチョコレートにまつわるエッセイを書き下ろしました。以下、『チョコレートのある世界』の全文です。
作家・柴崎友香が綴る“チョコ”エッセイ『チョコレートのある世界』


なぜ、チョコレートだけが特別なのだろう。

甘くておいしいものはたくさんあって、そのたくさんの中で、チョコレートはいつも特別だ。

わたしには、チョコレートをとっておく癖がある。箱の中に、一つだけ。最後の一つを、食べてしまうのには、勇気がいる。深みのある褐色の、あの小さな一粒がいつまでもそこにあったらこのしあわせが続くのに、と思ってしまう。

ところでわたしは、甘いものはそんなに得意ではない。「そんなに」というところが重要で、きらいではない。「好き」と言ってしまうと、とっても甘いのをたくさん食べられることになるが、そうではなくて、ちょっと甘いくらいのを、少し食べる。それが幸福を感じる時間だ。

それもできれば、苦みや渋みのあるものといっしょに。お茶とかお酒とか。

チョコレートは、甘いけど、苦い。その甘さと苦さの合わさったところ、同時に味わえるところに、限りない豊かさがある。

チョコレートは融けるから、メインの季節は冬だということになっていて、空気がだんだん冷えて夜が長くなってくると、いつもと違うよそゆきのチョコレートにたくさん会える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.