くらし情報『女子フィギュアが進化! 今季は男子も驚きのジャンプ構成!?』

2019年1月28日 19:00

女子フィギュアが進化! 今季は男子も驚きのジャンプ構成!?

それに加えて、今回の会場はさいたまスーパーアリーナ。地元開催という地の利もある。

「あとは、チャンピオンシップと呼ばれる世界選手権や四大陸選手権のような一発勝負の戦いは、調整能力や、ここぞの集中力が求められる。そこが勝負を分けるのではないでしょうか」
女子フィギュアが進化! 今季は男子も驚きのジャンプ構成!?


紀平梨花ジュニア時代から“女子シングル選手初”の称号!?をいくつも獲得してきた天才肌の16歳。シニア1年目となる今季も、3回転半―3回転の連続ジャンプをプログラムに組み込み、グランプリファイナルでは、平昌五輪金メダリストのザギトワ選手を抑え、初優勝。一躍、世界のトップに。全日本選手権では一歩及ばず、銀メダル。
写真:7044/アフロ
女子フィギュアが進化! 今季は男子も驚きのジャンプ構成!?


エリザベータ・トゥクタミシェワ五輪明けのシーズンになるとなぜか復調する不思議な選手。体を絞って迎えた今季も、キレのあるトリプルアクセルを跳び、グランプリファイナルでは銅メダル。浮き沈みを経験してきたからなのか、22歳になったばかりとは思えないほど貫禄十分。エキシビションで見せる悩殺クリムキンイーグルは、もはや代名詞!?
写真:森田直樹/アフロスポーツ
女子フィギュアが進化! 今季は男子も驚きのジャンプ構成!?


アリーナ・ザギトワ15歳で平昌五輪に出場。すべてのジャンプを、得点が1.1倍になる後半に組み込むという常識破りのプログラムで、金メダルを獲得。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.