くらし情報『医師に「物申す」は難しい…“新米”薬剤師の葛藤描いたマンガ』

2019年2月3日 20:40

医師に「物申す」は難しい…“新米”薬剤師の葛藤描いたマンガ

数少ない病院勤務の薬剤師に焦点を当てた作品『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』について、作者・荒井ママレさんにお話を聞きました。
医師に「物申す」は難しい…“新米”薬剤師の葛藤描いたマンガ

縁の下の力持ちの誇りと葛藤。病院で働く薬剤師の日常とは?
医者にかかると薬剤師には大抵お世話になるものだが、「薬を出してくれる人」というイメージしかない人も多いだろう。本作は日本の薬剤師のなかでも2割弱という、病院勤務の薬剤師に焦点を当てている。

「薬剤師は『医師の出した処方箋に唯一疑義をかけられる存在』であり、治療に欠かせない薬の専門家であることに物語としての可能性を感じました。患者側は『病院にかかって薬を飲めば治る』と考えがちですが、薬が正しく服用されて初めて効果が出るので、薬剤師も直接ではなくても治療に大きく関わっているのだと思います。そしてそういう面が知られていない、あくまでも縁の下の力持ちである薬剤師の視点でしか描けない物語があるとも思っています」

しかしながらこの「疑義照会」はなかなか厄介らしく、主人公のような新米薬剤師がベテラン医師の判断に物申すことは歓迎されにくいという本音と建前があるようだ。ほかにも医師や、ときには患者からも下に見られたり、膨大な調剤を正確かつスピーディに行う必要があるため、患者とのコミュニケーションに多くの時間を割けなかったりなど、薬剤師の葛藤が立体的に描かれていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.