くらし情報『“あるあるネタ”を言語化すべし! 今、愛される「言葉美人」とは?』

2019年2月8日 19:00

“あるあるネタ”を言語化すべし! 今、愛される「言葉美人」とは?

人間だけが持つ、意思疎通手段、それが「言葉」。ただ、使う人や相手、目まぐるしく増えてきたツール、シチュエーションの多様化によって、より複雑化しているのも事実今の時代だからこそ、考えたい、そして見直したい「言葉のチカラ」について、言葉への意識を強く持つ方々に伺いました。“言葉力”を高める技術は、今すぐにでも身につけられます。
まずは言葉のストックを増やすこと。

「テレビなどを見て、『この人すごいな』だけで終わらせず、自分ならどう話すだろう、と考えること。そうやって常に当事者意識を持って感想を考える習慣をつけておくと、自分の中に言葉が蓄積され、想いを的確に表現できるようになるでしょう」(国語講師・吉田裕子さん)

また、SNS時代に有効な言葉を磨くには、こんなトレーニングを。

SNSは共感のメディア。そのため多くの人が潜在的に感じている“あるあるネタ”を言語化できると強い。まずは周りをよく観察して、『こういう人いるな』という情報を集めることから始めてみてください」(サイバーエージェント次世代生活研究所所長・原田曜平さん)

「『かわいい』とか“い”で終わる言葉を、形容詞を使わず表現するのも、観察力を磨く一手」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.